PKUの子どもたちの生活は?

PKUの子どもたちの生活で最も大切なことは血中フェニルアラニン値を適切な値にコントロールすることです。そのため食事療法を行ないフェニルアラニンの摂取を制限する必要があります。この食事療法をきちんと行えれば、フェニルアラニン値はコントロールされ、子どもたちは健康に成長・発達することができます。PKUの子どもたちは食事制限をしなければならないという点を除けば、他の子どもたちと変わりありません。
フェニルアラニンは食事中のたんぱく質に含まれています。そのためたんぱく質を多く含む肉、魚、大豆製品、乳製品、卵などはほとんど食べることはできません。主食である米、麦などにもたんぱく質は多く含まれているので、摂取する場合は低たんぱくにした治療用低たんぱく質食品を使用します。

「小児慢性特定疾患」が適用されると、自己負担限度額を超えた分の医療費は、公費負担されます!

pagetop