いつPKUであることがわかりますか?

PKU は新生児マス・スクリーニングで発見されます。
PKUの新生児マス・スクリーニングは1977年に始まりました。現在日本で産まれた子どもたちは生後4−5日目にかかとから採取した少量の血液でPKUかどうかをスクリーニングされています。
もしフェニルアラニン値が高いと病院から連絡が入ります。
PKUは8万人に一人の割合で産まれるとされ、日本では現在約500人がPKUと診断されています。


pagetop