中学生・高校生

低たんぱく食+治療用ミルク、できるだけお弁当を持たせる!

維持すべき血中フェニルアラニンの範囲が少し緩和されますが、引き続き低たんぱく食を中心にし、不足するエネルギーは治療用ミルクや治療用食品で補います。
給食の代わりにお弁当と治療用ミルクを学校生活では学生食堂やお弁当が主になる時期ですので、できるだけお弁当を持っていくようにしましょう。主食のごはんやパンは治療用低フェニルアラニン食品のものを持っていくことが望まれます。学生食堂をはじめ外食をする際は、たんぱく質の多い食品は避け、サラダなどの野菜を中心としたものを食べるようにします。

しっかり食事療法を継続、定期的な外来受診を!

特に女子は、妊娠など将来のことを考えてきちんと食事療法を続けることが重要です。
男子の場合も治療用ミルクは欠かさず継続するようにしましょう。
定期的に外来受診して、検査を受け、主治医の指導のもと自己管理ができるように心がけましょう。

  • ※妊娠中にフェニルアラニンをコントロールできなくて、高い値で過ごすと胎児に発育障害など悪い影響を及ぼすという報告があります。

  • pagetop